ホーム > プロフィール

自己紹介

中村 陽人(なかむら あきと)
長野県出身。2009年3月横浜国立大学大学院国際社会科学研究科
博士課程後期修了、博士(経営学)。
2009年4月福島大学経済経営学類准教授として着任、現在に至る。
専門は消費者行動論、マーケティング論、マーケティング・リサーチ。


名前について

 最近では「DQNネーム」とか「きらきらネーム」と呼ばれる名前が流行っているようです。 もちろん正式な定義などないわけですが、インターネット上の記述内容を総合的に判断すると、 「まず初見ではほとんどの人が読めない(主に“当て字”や“ぶった切り”)」「人の名前らしくない読み」の両方を満たすと確定、 どちらか一方でも「DQNネーム」とみなす人が多いようです。簡単に言ってしまえば、 ほとんどの人が読めないような読み方なら「DQNネーム」と考える人がかなりいる、ということです。
 こうした名前がつけられるとさまざまな社会的不利益があるそうで、「他の人が名前を読めない」「いじめにあう」などのほか、 「就職活動や結婚で不利になる」といった声まで聞こえてきます。 こうした名前をつける親が「常識や教養が足りない」と判断されるため、そのまま子どもも同じような評価になるということのようです。

 前置きが長くなりましたが、私はこれまで初見で正しく名前を呼ばれたことが一度もありません。 これまで意識しませんでしたが、「DQNネーム」のはしりだったのですね(苦笑)。 そして私は自分の子どもにも初見ではなかなか読めない名前を付けました。常識と教養が揺らいでいます(苦笑)。

 ちなみに私は自分の名前はとても気に入っています。これまで同姓同名の(読みまで同じ)人とは一度も会ったことがないので、 自分のものという意識が強く持てます。そして、なかなかない名前なので覚えてもらいやすいです。

 これから先もずっと「太陽の「陽」に「人」と書いて「あきと」です。」と胸を張って自己紹介していくつもりです。

出身地について

 生まれは東京ですが、4歳の時に父の実家のある長野に引っ越してからはそこでずっと育ちました。 場所は長野市(県庁、善光寺など)と上田市(真田幸村など)の間にある千曲市というところです。 四方を山に囲まれ、市の中心を千曲川(信濃川の源流)が流れています。 合併によって千曲市になったのですが、特に実家のあるあたりは昔、「更級(さらしな)」と呼ばれていました。 「古今和歌集」では「わが心 慰めかねつ 更級や 姨捨山に 照る月を見て」と詠まれ、 「更級日記」の名前の由来になったとされています。 今では小学校の名前ぐらいしか残っていないのですが、この更級こそが私の故郷です。 私にとって最も大切な、そして最も愛すべき場所なのです。

 しかし、「どこがいいのか?」と問われると、長野県にしろ千曲市にしろ更級にしろ、うまく答えることができません。
「自然がいっぱい」「空気がきれい」「食べ物がおいしい」。。。違うのです。そんなことではありません。
「行けばわかるよ」と言いたいところですが。。。わからないような気がします。
「10年ぐらい住めばわかるはず!」というのが、精いっぱいの答えです。
大学生のときにこう悟ってからは、あえて自分の地元を押すのは控えることにしています。

母校について

 出身地に対する愛情からもわかると思いますが、私は母校も大好きです。更級小学校、戸倉上山田中学校、屋代高等学校。 いずれも過ごした歳月を思い浮かべると胸が熱くなります。小中高の校歌は完璧に覚えていて、今でもよく歌っています。 いつか、何らかの形で母校に恩返ししていきたいと強く思っています。

 ここまで小中高のことばかり書いてきていますが、大学はどうなのかと言われますと、実は好きではありません。正確に言うならどちらかというと嫌いです。 これは大学が悪いのではなく、自分の問題です。略歴を見るとわかるのですが、私は高校時代理数科にいました。さらに大学に入るのに2浪もしています。 もともと理系でしたが、2浪までしてセンター試験を失敗し、そこからまさかの文転をしたのです。 (希望がかなわなかったので、希望とは最も対極に位置するところに進もうと考えました。当時の私の考えた希望の真逆が「経営学」だったのです。)
 こんな私のような人間を拾ってくれたありがたい大学なのに、失意の中にあった私にとって「横浜国立大学」も「横浜というまち」も挫折のシンボルになりました。 「それではどうして嫌いな大学に9年(学部+大学院)もいたのか?」「本当は好きなのではないか?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 それは学部時代に出会った恩師のもとで勉強がしたいと思ったからで、大学にいたいと思っていたわけではありませんでした。

 福島大学に着任して数年が過ぎましたが、これまで出身大学には用事があって1度行ったきりです。 そのときもやはり、懐かしさより重苦しい鈍い痛みのような感覚の方が圧倒的に強かったです。
 いつか、心から「母校」と呼べる日が来るのでしょうか。

趣味について

 スポーツ全般、実際にやるのも観戦するのも大好きです。特に中学と高校の部活で取り組んだバスケットボールは大好きです。 きつい練習が終わった後のストレッチをしているときが何より好きです。 心地よい疲労感と充実感、気持ちのいい冷たい床、流れてくる風、ボールをつく音、バッシュの音、笛の音、仲間たちの話し声。本当に最高のひと時です。

 まったく強くないのですが、囲碁も好きです。棋風に性格が色濃く出てくるので人の打っているのを見るのもとても楽しいです。 ちなみに私は手厚く打つのが好きで、作った厚みから自然に利益が回収されるような後半追い上げ型です。 しかし、寄せが弱いのと勝負に対する執着心が弱いのとでなかなか勝てません。 性格的に寄せは強くなりそうなので、時間ができたらとことん研究したいです。

 それから時間ができたら、何か楽器を勉強したいです。いろいろなジャンルの本も読みたいです。そしていろいろなところに旅したいです。。。時間ができたら。。。

 現実はどれ1つとしてやれていません。性格的に退職するまで趣味はお預けになると思います。 でも今は仕事がとても楽しいです。そしてやりがいと奥深さを感じています。 恥ずかしいことですが、今の趣味は「仕事」というのが最も適当だと思います。

略歴

  ・1979年(昭和54年)4月 東京で生まれる
  ・1998年(平成10年)3月 長野県 屋代高等学校 理数科 卒業
  ・2004年(平成16年)3月 横浜国立大学 経営学部 経営システム科学科 卒業
  ・2006年(平成18年)3月 横浜国立大学 大学院国際社会科学研究科 博士課程前期会計・経営システム専攻 修了
  ・2009年(平成21年)3月 横浜国立大学 大学院国際社会科学研究科 博士課程後期企業システム専攻 修了
  ・2009年(平成21年)4月 福島大学 人文社会学群 経済経営学類 准教授(現在に至る)

非常勤

  ・2007年(平成19年)7月 横浜国立大学 大学院国際社会科学研究科 リサーチ・アシスタント(〜2009年3月)
  ・2015年(平成27年)4月 福島県立総合衛生学院「情報科学」(継続中)

学会

  ・日本消費者行動研究学会(2004年11月〜)
  ・日本商業学会(2006年6月〜)
  ・日本マーケティング・サイエンス学会(2006年6月〜)
  ・日本行動計量学会(2007年9月〜)
  ・日本社会心理学会(2012年11月〜)
  ・日本マーケティング学会(2013年4月〜)
  ・Association for Consumer Research(2013年5月〜)

エッセイ